後藤塗(ごとうぬり)

後藤塗は江戸末期、高松藩士の後藤太平が発案した特異な朱の塗りで、その偉業をたたえて「後藤塗」と呼ばれています。初めは掘抜盆や茶道具に塗られていましたが、塗りの堅牢さと優雅さで気軽に愛用され、大正時代初め頃からは一般にも普及し、座卓や盆、皿など日用品にも塗られるようになりました。後藤塗の文様(たたき後藤・撫で後藤)は使い込む程に、朱漆の色調が味わいを増してくる香川県の特産品として全国に知られるようになりました。お茶人さん達にも広く愛されています。