彫漆(ちょうしつ)

彫漆は中国の堆朱、堆黒、紅花緑葉など厚く塗り重ねた漆の層を彫刻する技法として日本に伝わりました。漆塗の中で最も漆の特徴が生かされた技法です。彫漆は何層にも塗り重ねた色漆の層を考慮しながら精密に計算された刀(ケン)の動きによって絵模様を彫り浮かべていきます。立体感があり、繊細な名品が数多く製作されています。繊細で美術的価値も高い彫漆は、室内インテリアとしても評価されています。明治、大正、昭和へと受け継がれた漆芸界から彫漆の重要無形文化財技術保持者(人間国宝)故 音丸耕堂を排出し、今日も多くの名匠がこの世界で活躍しています。