存清(ぞんせい)

存清漆器は室町中期に中国から伝わりました。当時は船来の珍品として一部の貴族の間で愛好されていましたが、江戸天保年間、玉楮象谷が中国の古い技法を研究し、日本的な存清漆器を作り出したのです。象谷は中国の名工「存清」の名をそのまま名称にしました。存清の技法は、黒地、赤地、黄地などの上面に色漆で絵紋様を描き、その図の輪郭を毛彫りしたり、金泥で隈取りするものがあります。文箱や丸盆など調度品や生活用品として親しまれています。明治の初期、玉楮象谷の実弟、藤川国斎の手で産業化され、明治25年頃から末期にかけてヨーロッパへも輸出され、香川は漆芸王国として全国に知られるようになりました。